2006年01月14日

酸化防止剤とは

酸化防止剤とは、製品中の成分の酸化を抑制するために添加される成分です。

例としては、

ビタミンC(アスコルビン酸)
ビタミンE(トコフェロール)
BHT(ブチルヒドロキシトルエン)
BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
エリソルビン酸ナトリウム
亜硫酸ナトリウム

などです。


酸化防止剤は、製品中の成分の身代わりとなって酸化されることにより、酸化を防止します。

posted by tenko at 14:57| --なぜ無添加にこだわるのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
無添加専科トップページへ




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。